軽井沢のスキーバス事故 上司の責任、問えるか 21日、地裁初公判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クレーン車で移動されたスキーバスと現場の散乱物を調べる長野県警の捜査員ら=長野県軽井沢町で2016年1月15日、本社ヘリから
クレーン車で移動されたスキーバスと現場の散乱物を調べる長野県警の捜査員ら=長野県軽井沢町で2016年1月15日、本社ヘリから

 2016年1月、軽井沢町で東京からのスキーツアーバスが崖下に転落し、大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負った事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)社長の高橋美作被告(60)と運行管理者だった荒井強被告(53)の初公判が21日、長野地裁で開かれる。死亡した運転手(当時65歳)の上司だった両被告に刑事責任を問えるのか。有罪立証に向けて想定されるハードルについて有識者に聞いた。

 起訴状によると、荒井被告は運転手から大型バスの運転に不安があると聞いていながら、実技試験や訓練をせず、スキーツアーバスの運転をさせていた。高橋被告も荒井被告に対して運転手の運転技能を確認するよう指導監督をしなかった。両被告の過失により、運転手がギアやブレーキの操作を的確にできず、死傷事故が起きたとされる。

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集