北海道の赤潮被害76億円に ウニ、サケ大量死 ブリやタコも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道太平洋沿岸漁業被害対策会議に出席した土屋俊亮副知事(右)と佐藤卓也・水産林務部長=札幌市中央区の道庁で2021年10月21日午前10時3分、源馬のぞみ撮影
北海道太平洋沿岸漁業被害対策会議に出席した土屋俊亮副知事(右)と佐藤卓也・水産林務部長=札幌市中央区の道庁で2021年10月21日午前10時3分、源馬のぞみ撮影

 北海道南東部の太平洋沿岸で9月下旬以降、ウニやサケなどが大量死している問題で、被害額は道内15市町で約76億円に上ることが21日、道の漁業対策会議で報告された。道は広範囲に発生している赤潮が原因とみて実態解明を進め、被害が拡大する懸念があるとして国に支援を求める。

 道は各地の漁協から聞き取った内容を基に18日時点の被害額を算出。ウニは約2300トンで約68億4400万円…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集