特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

特集ワイド

名字に隠された意味とは 氏姓文化に詳しい、森岡浩さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
姓氏研究家の森岡浩さん=東京都千代田区で2021年10月6日、藤井太郎撮影
姓氏研究家の森岡浩さん=東京都千代田区で2021年10月6日、藤井太郎撮影

 衆院選たけなわの今、街を走り回る選挙カーからは刷り込みを狙うかのような候補者氏名の連呼があちこちで響く。そして、1票を投じる際には候補者の氏名を投票用紙に記入することになる。民主主義の根幹をなす選挙というシステムは候補者の氏名抜きには成立しないのだ。日本の名字に連なる氏姓文化に詳しい森岡浩さん(60)に名字にまつわるアレコレを聞いた。

 先日のことだ。小学3年になるという知人の愛息から「かまどたんじろうって書ける? 漢字で」とペンとノートを渡された。いまや国民的マンガ・アニメ「鬼滅の刃」の主人公、竈門(かまど)炭治郎を指していることくらいは分かる。だが……竈が書けないのだ。白旗を揚げると、その子はちょっぴり自慢げに正しい書き順まで教えてくれた。聞くと、少し前に学校ではやったのだという。ちなみに竈の画数は21。もう書き順は忘れたが…

この記事は有料記事です。

残り2468文字(全文2837文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集