特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

県予選 一関学院V27 盛岡誠桜V15 監督、主将の話 /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

目標のメダル狙う 一関学院・千葉裕司監督

 悪天候の中で7人はよくやってくれた。作戦通り1区の鈴木天が差をつけ、リードを守れた。急きょ3区を任せた中沢もよく走ってくれた。全国大会では目標のメダルを狙う。

目標は3位入賞 一関学院・熊谷哲平主将(3年)

 2時間6分台を目指していたが1分以上遅くなってしまった。強さが足りなかった。1、3区のタイムが良く結果につながった。目標の全国3位入賞に向け、2カ月で調子を上げていきたい。

良い順位を狙う 盛岡誠桜・大梶義幸監督

 昨年の県大会は2位と僅差で、今年はどうなるかと苦しい1年だったが、堅実な走りで期待に応えてくれた。全国に向けて心身共にさらに成長してほしい。都大路では一つでも良い順位を狙う。

20番台を目指す 盛岡誠桜・白野青空主将(3年)

 1区で大きな差がついたので、2区以降は落ち着いて自分のペースで走れた選手が多かった。課題は中盤から後半のペースの維持。都大路では1時間11分台で全国20番台を目指す。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集