朝来・楽々工房展 「個性あふれる作品見て」 陶芸、尺八など /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
個性的な作品を出展した円山慶子さん(後列左)ら=兵庫県朝来市山東町で、松田学撮影
個性的な作品を出展した円山慶子さん(後列左)ら=兵庫県朝来市山東町で、松田学撮影

 朝来市山東町のヒメハナ公園ウツギの館で、「楽々工房プラスワン展」が21日から始まった。養父市の円山慶子さん(69)ら4人が陶芸や絵画、手芸品など約360点を、同市生野町の英語講師、マーチン・デベニーさん(56)が手作りの尺八約60点を出展した。

 円山さんは2019年4月、養父市に「楽々工房」を設立し作陶活動に励んでいる。今回、次女亜希子さん(35)ら…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集