毎日書道紙上展 10月度入賞作品 学んだ成果、発表の場 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日書道紙上展(毎日新聞奈良支局主催)幼児・小中学校の部の10月度の優秀賞5点と入選20点が決まった。選と評は一般社団法人「毎日書道会」参事で、書藝北辰会会長の藤野北辰さん。(作品の写真の氏名は敬称略)

 ◆総評

 紙上展には、子どもたちが教室や家庭で学んだ作品がたくさん届きます。そんな子どもたちの作品と対話をしながらの審査のひと時。とても充実した時間です。

 入選のうち、陽彩さんは姿勢を正して、しっかりと持った筆で、体全体で「ひ」を書いています。歩実さんは「ほし」も名前も、とても力強く書かれています。咲羽さんは、筆にたっぷりと墨を含み「えみ」を丁寧に書きました。美里さんの「てつ」は生き生きと、とても好感の持てる作品です。桃子さんの「みらい」は、すっきりと伸びやか。瑛仁さんの「プール」はのどかな空気、落ちつきを感じます。瑞希さんの「まなざし」には温かさ…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1756文字)

あわせて読みたい

注目の特集