連載

風景を歩く

毎日新聞デジタルの「風景を歩く」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

風景を歩く

賀名生の里 南朝の危急、救った歴史 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
賀名生皇居跡とされる堀家の屋敷=奈良県五條市西吉野町で
賀名生皇居跡とされる堀家の屋敷=奈良県五條市西吉野町で

 秋空にゆったりと弧(こ)をえがく高圧線をながめていると、県外越境をしたくなった。

 日本一長い路線バスで有名な十津川街道(国道168号)を南へ向かうと、五條市(奈良県)の市街地を出てほどなくの山あいに、賀名生(あのう)という集落がある。

 碧(あお)い水をたたえた丹生(にう)川に沿う、小さな山里である。

 今は五條市だが、以前は西吉野村といって、富有柿の有名な産地でもあった。東雲(しののめ)千本と称される梅林も、よく知られている。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文928文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集