特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

インフルワクチン供給に遅れ 不足で打てないケースも コロナ余波

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インフルエンザワクチンの予約を停止したことを伝える、にじいろこどもクリニックのホームページ=2021年10月22日
インフルエンザワクチンの予約を停止したことを伝える、にじいろこどもクリニックのホームページ=2021年10月22日

 新型コロナウイルスのワクチン量産に伴う製剤用の資材不足などの影響で、今季の季節性インフルエンザワクチンの供給が例年より遅れている。コロナウイルスとの同時流行も危惧されており、医療機関には電話が殺到。ワクチンの予約の一時打ち切りや、ワクチン不足で打てないケースも出ている。厚生労働省はワクチンの効率的な利用を呼びかけている。

 厚労省によると、今季のインフルエンザワクチンの供給量は2567万~2792万本分と前年比で約2割少なく見込んでいる。例年の使用量に相当する分は確保できるというが、昨年10月下旬には供給見込み量の約90%が出荷されていたのに対し、今年は同じ時期でまだ約65%にとどまっているという。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1151文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集