遊泳禁止の港で泳ぐ少年の服を海に投棄 沖縄県警、巡査部長を戒告

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄県警本部=遠藤孝康撮影
沖縄県警本部=遠藤孝康撮影

 沖縄県警は22日、遊泳禁止の港で泳いでいた少年らの服や靴を海に投棄したとして、40代の男性巡査部長を戒告の懲戒処分にした。「罰を与えたかった」と話しているという。海に投げ込まれたうち回収できたのは一部だけで、巡査部長は私費で計約2万円を弁済した。

 県警によると、巡査部長は5月21日夕にパトカーで巡…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

あわせて読みたい

ニュース特集