特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

全日本スピードスケート男子500 21歳森重が真価、新星に勢い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子500メートルを制し喜ぶ森重航=長野市エムウェーブで2021年10月22日、宮間俊樹撮影
男子500メートルを制し喜ぶ森重航=長野市エムウェーブで2021年10月22日、宮間俊樹撮影

 スピードスケートの全日本距離別選手権は22日、長野市エムウェーブで開幕し、男子500メートルは新鋭の森重航(専大)が34秒64で初制覇し、日本記録保持者の新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒67で2位、村上右磨(高堂建設)が34秒70で3位だった。

 最終結果が電光掲示板に表示されると、会場がざわついた。男子500メートルで優勝したのは2020年世界選手権スプリント部門で総合優勝した新浜でも、国内最高記録を持つ村上でもなかった。「優勝できると思っていなかった」。一躍北京五輪代表候補に名乗りを上げた21歳の森重は、率直に振…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集