小平7連覇、男子は新鋭・森重V スピードスケート全日本500m

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子500メートルを制した小平奈緒(奥)。手前は2位に入った高木美帆=長野市エムウェーブで2021年10月22日、宮間俊樹撮影
女子500メートルを制した小平奈緒(奥)。手前は2位に入った高木美帆=長野市エムウェーブで2021年10月22日、宮間俊樹撮影

 スピードスケートの全日本距離別選手権は22日、長野市エムウェーブで開幕し、女子500メートルは平昌冬季五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒58で7年連続12度目の優勝を果たした。高木美帆(日体大職)が37秒65で2位に入った。

 男子500メートルは新鋭の森重航(専大)が34秒64で初制覇し、…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

あわせて読みたい

注目の特集