連載

読む写真

旬のニュースや話題をテーマに、その深層を写真でとらえます。

連載一覧

読む写真

Photo ちょうちんの中で「乾杯」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
つり下げられたちょうちん型のパーティションに入ることでマスクを外した会食が楽しめる「東京・提灯会食」=東京都千代田区の日本旅館「星のや東京」で2021年10月19日、竹内紀臣撮影
つり下げられたちょうちん型のパーティションに入ることでマスクを外した会食が楽しめる「東京・提灯会食」=東京都千代田区の日本旅館「星のや東京」で2021年10月19日、竹内紀臣撮影

 柔らかい明かりに包まれた大きなちょうちんの中で、ワインがつがれたグラスを傾け「乾杯」。星野リゾートが運営する東京・大手町の日本旅館「星のや東京」が、10月13日から館内のダイニングで提供を始めた「東京・提灯(ちょうちん)会食」だ。写真共有アプリ「インスタグラム」では約8000の「いいね」が付き、「SF感」「未来的」「インパクトがすごい」などと話題に。

 同旅館では新型コロナウイルス禍で飲食スペースの利用を宿泊客に限定してきた。しかし、コロナ下でも安心してマスクを外し食事を共に楽しめる「非日常的な空間を提供したい」という旅館の思いに合い、感染防止の機能も持つちょうちん型パーティションを発案。宿泊者が食事のコース料金に加えて会場代3万円を支払い、1日1組限定の「提灯会食」を利用すれば外部からも招待できる。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文573文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集