ミルクによる食中毒と断定 群大病院新生児 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 前橋市の群馬大医学部付属病院で新生児集中治療室(NICU)などに入院する乳児10人が、血液の酸素を運ぶ能力を阻害する「メトヘモグロビン血症」を発症したことを受け、前橋市保健所は22日、病院内で作られたミルクによる食中毒と断定した。

 敷地内の井戸水を浄化して使用している病院内の飲料水からは、基準値を…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

あわせて読みたい

ニュース特集