特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 開幕 倉敷工、零封発進 創志学園、初戦で敗退 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【倉敷工-米子西】四回表倉敷工1死一塁、先制の三塁打を放つ若林=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、大山典男撮影 拡大
【倉敷工-米子西】四回表倉敷工1死一塁、先制の三塁打を放つ若林=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、大山典男撮影

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は22日、山口マツダ西京きずなスタジアム(山口市)と津田恒実メモリアルスタジアム(山口県周南市)で開幕し、1回戦4試合があった。

 倉敷工(岡山1位)は米子西(鳥取3位)を投打で圧倒し、下関国際(山口1位)は創志学園(岡山3位)に七回コールド勝ち。広陵(広島3位)は倉吉総合産(鳥取2位)を序盤からリードして快勝、宇部商(山口2位)は出雲西(島根2位)に逆転勝ちした。

 23日は1回戦の残り4試合を予定しており、準々決勝進出校が出そろう。【森紗和子、脇山隆俊】

 倉敷工が零封勝ち。四回に若林の適時三塁打と増田の犠飛で2点を先制すると、その後も得点を重ねた。先発の高山は8回3分の2を被安打4の好投。米子西は七回に2死満塁の好機を作ったが、あと1本が出なかった。

 宇部商は4点を追う七回、松西の適時二塁打、櫃田の2点適時打などで追い付き、高森の中越え三塁打で勝ち越した。出雲西は四回に高橋、下原の長短打などで一時、主導権を握ったが守り切れなかった。

 下関国際が投打で圧倒した。一回、賀谷の適時打で先制。三回に水安の2点適時打などで3点を加え、六、七回にも2点ずつを重ねて試合を決めた。投げては古賀が1安打無失点。創志学園は一回の好機を生かせなかった。

 2けた安打を放った広陵が快勝した。二回、大山の適時打などで2点を先取。三回以降も着実に加点してリードを広げた。先発の森山は6回1安打の好投。倉吉総合産は終始打線が振るわず、零封負けを喫した。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集