幽玄の世界堪能 宇佐神宮御神能 2年ぶりに観客 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2年ぶりに観客を入れて実施された宇佐神宮御神能で「藤戸」を演じる、観世流の武田宗和さん
2年ぶりに観客を入れて実施された宇佐神宮御神能で「藤戸」を演じる、観世流の武田宗和さん

 宇佐神宮(宇佐市)の能楽殿で21日、県指定無形文化財「御神能」(宇佐神能会など主催)があり、多くの人が幽玄の世界を堪能した。新型コロナウイルスの影響で、昨年は関係者のみで奉納しており、2年ぶりに観客を入れて開催した。

 御神能の奉納は五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する「風除報賽祭(ふうじょほうさいさい…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

あわせて読みたい

注目の特集