第92回都市対抗野球

補強選手決まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会人野球を統括する日本野球連盟は22日、11月28日に東京ドームで開幕する第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の補強選手を発表した。日本選手権を連覇中の大阪市・大阪ガスは、高橋拓已投手、古川昌平捕手、上西主起外野手(いずれも日本生命)を補強した。

 補強選手は前回大会優勝チーム(今回は狭山市・ホンダ)を除くチームが、本大会出場を逃したチームから3人まで獲得できる。今大会は狭山市とさいたま市・日本通運を除く30チームが補強した。

 補強選手の出身チームは、大会史上最多の出場61回を誇りながらも3年ぶりに出場を逃した日本生命が10人で最多。西関東代表の2チームは、全員を連続出場が12で止まった東芝から補強した。プロ野球ドラフト(新人選手選択)会議で日本ハムから3位指名されたJR四国の水野達稀内野手は高知市・四国銀行、広島5位指名のホンダ鈴鹿・松本竜也投手は名古屋市・東邦ガスにそれぞれ補強された。組み合わせ抽選は23日に行われ…

この記事は有料記事です。

残り1621文字(全文2047文字)

あわせて読みたい

注目の特集