特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

コロナ不安解消、対策示す 安定政権へ議席増を 自民・甘利幹事長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える自民党の甘利幹事長
インタビューに答える自民党の甘利幹事長

 31日投開票の衆院選は後半戦に入る。与野党9党の幹部に、各党が掲げる公約や目標議席などについて聞いた。

        ◇

 岸田政権は、新型コロナウイルスがもたらす不安を解消した上で、コロナの抑え込みと経済の拡大を両立する方法を考える。富める者と富まざる者への二極化が進んでいるとの不安が、コロナで増幅されている。ワクチンや治療薬を含め、有事への対応策をしっかり示したい。

 政権を運営できる議席数を確保するのは至上命令だ。より安定的に政権を維持できるよう、1議席でも多く積み上げるのが私の仕事だ。具体的な目標議席数を言って、一つ多いから勝った、一つ少ないから負けたとの議論にすべきではない。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文728文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集