特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

熱く訴え投票率上げる 不誠実なそんたく政治転換 立憲・枝野代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える立憲民主党の枝野代表
インタビューに答える立憲民主党の枝野代表

 31日投開票の衆院選は後半戦に入る。与野党9党の幹部に、各党が掲げる公約や目標議席などについて聞いた。

    ◇

 岸田文雄首相は、安倍晋三元首相にそんたくしているのか、森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題の再調査に関し、全く何の意思も示せない。隠す、ごまかす、改ざんまでする不誠実な政治や新型コロナウイルス対策、経済政策の三つを変えようと訴えていく。表紙だけではなく、政治そのものを変えなければいけない。

 最大野党が政権交代を目指さないと民主主義は機能しない。共産党が選挙区で候補者を取り下げるなどして、与野党一騎打ちの構図を強めていただいた。政権の選択肢としての構えをつくりきることができた。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文688文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集