特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

四つのチェンジで政権交代 弱肉強食の経済転換を 共産・志位委員長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える共産党の志位委員長
インタビューに答える共産党の志位委員長

 31日投開票の衆院選は後半戦に入る。与野党9党の幹部に、各党が掲げる公約や目標議席などについて聞いた。

    ◇

 岸田文雄首相には、新型コロナウイルスの感染爆発や医療崩壊、森友・加計学園などの国政私物化問題への反省が一切ない。反省がないということは安倍、菅政治が表紙だけ変えて続くことになる。自公政治を終わらせるには政権交代が必要だ。弱肉強食の新自由主義を終わりにして、国民の命を何よりも大切にする政治に切り替えていく。

 安倍晋三元首相の経済政策「アベノミクス」が続く中で、貧富の格差はものすごく拡大した。国民の暮らしを底上げして、経済を良くする道へ転換しないといけない。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文703文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集