特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

現実的主張で政権受け皿に 立憲とも一定範囲で連携 国民・玉木代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える国民民主党の玉木代表
インタビューに答える国民民主党の玉木代表

 31日投開票の衆院選は後半戦に入る。与野党9党の幹部に、各党が掲げる公約や目標議席などについて聞いた。

    ◇

 小選挙区に立候補した前職6人を全員当選させた上で1議席でも多く積み増すのが目標だ。連合を介して立憲民主党とは一定の連携の形ができている。その範囲でしっかり協力して戦っていく。

 ただ、立憲や共産党など4野党が締結した政策合意には加わらなかった。安全保障や原発の部分がどうしても賛成できなかった。政策を曲げてまで加わる選択はない。かつての民主党政権のように非現実的なことを言って、国民を裏切ってはいけない。4野党の共闘の枠組みとは距離を置く。

 自民党に代わる政権の受け皿になるには、国家の根幹に関わる安全保障やエネルギー政策で現実的な主張が必要だ。今は野党全体が少し左傾化しているが、われわれは改革中道政党を目指す。「対決より解決」で具体策を出していく。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文725文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集