特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

与野党一騎打ちの滋賀4区 自民・河野氏、立憲・蓮舫氏が舌戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左)応援演説をする立憲民主党・蓮舫代表代行=滋賀県甲賀市で2021年10月23日(右)応援演説をする自民党・河野太郎広報本部長=滋賀県近江八幡市で2021年10月23日、いずれも北村隆夫撮影
(左)応援演説をする立憲民主党・蓮舫代表代行=滋賀県甲賀市で2021年10月23日(右)応援演説をする自民党・河野太郎広報本部長=滋賀県近江八幡市で2021年10月23日、いずれも北村隆夫撮影

 公示後最初の週末を迎えた衆院選。野党共闘で候補者が一本化され、自民党と立憲民主党の候補者による一騎打ちとなった選挙区が各地で激戦模様となっている。野党共闘とは一線を画す日本維新の会の立候補で三つどもえの戦いとなる選挙区が多い近畿でも滋賀県では2選挙区が一騎打ちの構図。滋賀4区には23日、両党の幹部がそれぞれ候補者の応援に入り激しい舌戦が繰り広げられた。

 初めての与野党一騎打ちになった滋賀4区。甲賀市役所前で開かれた立憲新人、徳永久志氏(58)の街頭演説に現れた党代表代行の蓮舫氏は、聴衆からの大きな拍手で迎えられた。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1384文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集