特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米財政赤字、21年度315兆円 コロナ対応で過去2番目の規模に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米財務省が22日発表した2021会計年度(20年10月~21年9月)の財政赤字は2兆7721億ドル(約315兆円)となり、過去最大だった前年度の3兆1319億ドルに次いで過去2番目の赤字幅となった。新型コロナウイルス危機に対応する経済対策で歳出は過去最大に膨らんだ一方、景気回復に伴い税収が増えたため、赤字幅は前年度比11%減と6年ぶりに減少した。

 21年度の歳出は4%増の6兆8181億ドルだった。トランプ前政権時の20年12月に約9000億ドル、バイデン政権時の21年3月に約1・9兆ドルの新型コロナの経済対策が成立したことで歳出規模が膨らんだ。一方、歳入は18%増の4兆459億ドルで、景気回復に伴い法人税や個人所得税収入が増加した。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文542文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集