木枯らし1号 近畿地方で観測史上最も早い冬の到来

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木枯らし1号が発表され、寒そうに歩く人たち=大阪市中央区で2021年10月23日午前10時55分、木葉健二撮影
木枯らし1号が発表され、寒そうに歩く人たち=大阪市中央区で2021年10月23日午前10時55分、木葉健二撮影

 大阪管区気象台は23日、近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表した。2020年と同日で、同気象台の観測としては、記録のある1955年以降で20年などと並んで最も早い冬の到来となった。

 木枯らし1号は10月下旬の霜降(そうこう)から12月下旬の冬至までの間に、西高東低の冬型の気圧配置で最初に吹く北…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集