特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

再編元年の三菱重工、東西とも頂点目指す 都市対抗組み合わせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
組み合わせ抽選に臨む各チームのマネジャーら=東京都千代田区で2021年10月23日午後2時半、手塚耕一郎撮影
組み合わせ抽選に臨む各チームのマネジャーら=東京都千代田区で2021年10月23日午後2時半、手塚耕一郎撮影

 第92回都市対抗野球大会の組み合わせ抽選会が23日、東京都内で行われた。西関東第1代表の横浜市・三菱重工Eastは大会第3日の11月30日、第1試合で名古屋市・東邦ガスと、近畿第3代表の神戸市・高砂市・三菱重工Westは大会第4日の12月1日、第3試合で倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズと対戦する。

 三菱重工グループ傘下の4チームを、横浜市・三菱重工Eastと神戸市・高砂市・三菱重工Westの二つに統合して東西に集約した「再編元年」の今季、両チームがそろって本大会出場。横浜市の佐伯功監督が「目標は当然、日本一」と言えば、神戸市・高砂市の山口敏弘監督は「Eastが日本選手権で準優勝したので、その上をいきたい」と、ともに頂点を見据える。

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文420文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集