特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

広島商と鳥取商、サヨナラ勝ちで8強 高校野球秋季中国大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【益田東-広島商】九回裏広島商1死一、二塁、植松幹太がサヨナラの右前適時打を放つ=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月23日、野村和史撮影 拡大
【益田東-広島商】九回裏広島商1死一、二塁、植松幹太がサヨナラの右前適時打を放つ=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月23日、野村和史撮影

 高校野球の秋季中国大会第2日は23日、山口マツダ西京きずなスタジアムなどで1回戦4試合があり、岡山学芸館は尾道商(広島)を12―5の七回コールドで降し、立正大淞南(島根)も岩国商(山口)に8―0で快勝した。残り2試合はサヨナラで、広島商は8―7で益田東(島根)に、鳥取商は3―2で宇部工(山口)に逆転勝ちした。

 24日は準々決勝4試合がある。

【宇部工-鳥取商】九回裏鳥取商一死満塁、坂本大河の適時内野安打で三塁から木村海晴がサヨナラのホームイン=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月23日、野村和史撮影 拡大
【宇部工-鳥取商】九回裏鳥取商一死満塁、坂本大河の適時内野安打で三塁から木村海晴がサヨナラのホームイン=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月23日、野村和史撮影

 広島商・荒谷忠勝監督 点を取られるのは県大会から慣れている。選手は落ち着いてやってくれたし、最後は主将(の植松)が決めてくれた。(チーム最初の適時打となった)松浦の一本で硬さがほぐれた。野手は細かなミスもあったけど、県大会と同じように守ってくれた。(序盤は簡単に送りバントをしない場面もあり)ケース・バイ・ケースで、打たせる選手には打たせる。

 鳥取商・渡辺達郎監督 本当に苦しい試合だった。打線の状態が上がっていたので、できれば打ち勝って序盤で主導権を握りたかった。相手はけん制やカバーリングなどの完成度が高く、ディフェンスの圧力を感じた。(六回無死満塁のピンチをしのぎ)岩崎が抑えてくれたのはラッキーもあったが、あそこで取られたらワンサイドになる可能性があった。(鳥取勢は他の2校が姿を消しており)負けられない気持ちもあった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集