特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

秋季中国地区高校野球大会 岡山学芸館、猛打で快勝 尾道商に12ー5 8強出そろう /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【尾道商-岡山学芸館】七回裏岡山学芸館無死満塁、大田原の2点適時二塁打で保科(中央)が生還=山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで2021年10月23日午後0時23分、森紗和子撮影 拡大
【尾道商-岡山学芸館】七回裏岡山学芸館無死満塁、大田原の2点適時二塁打で保科(中央)が生還=山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムで2021年10月23日午後0時23分、森紗和子撮影

 秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は23日、山口マツダ西京きずなスタジアム(山口市)と津田恒実メモリアルスタジアム(山口県周南市)で1回戦の残り4試合があり、8強が出そろった。

 岡山学芸館(岡山2位)は尾道商(広島2位)を七回コールドで破り、立正大淞南(島根1位)は岩国商(山口3位)を投打で圧倒した。広島商(広島1位)は益田東(島根3位)との激しい打撃戦を制し、鳥取商(鳥取1位)は宇部工(山口4位)に接戦の末、逆転サヨナラ勝ちした。

 24日は両球場で準々決勝4試合があり、ベスト4進出校が決まる。【森紗和子、脇山隆俊】

 岡山学芸館が打撃戦を制した。2点を追う二回、保科の適時二塁打などで逆転し、三回にも3点を追加。七回に長短打6本で6点を奪い試合を決めた。尾道商は七回に1点差に迫ったが、相手の勢いを止められなかった。

 立正大淞南が投打で圧倒した。一回、谷川の犠飛で先制すると、三回以降も着実に加点し、九回には5安打でダメ押しの3点。小坂、持田の継投で零封した。岩国商は再三得点圏に走者を進めながらあと一本が出なかった。

 広島商が両チーム計30安打の乱打戦をサヨナラで制した。同点で迎えた九回、四球と相手失策で1死一、二塁とし、植松が右へ適時打を放って試合を決めた。益田東は終盤の猛攻で4点差を追い付くも及ばなかった。

 鳥取商が逆転サヨナラ勝ち。九回、代打・石原の中前打で追い付き、1死満塁と攻め立て坂本の内野安打で勝利を手にした。宇部工は三回、寺戸の三塁打で先制、四回にも田中のスクイズでリードしたが粘り切れなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集