特集

三菱自動車倉敷オーシャンズ|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場する三菱自動車倉敷オーシャンズの紹介です。

特集一覧

第92回都市対抗野球

オーシャンズ、三菱重工Westと初戦 第4日第3試合 組み合わせ決まる /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
組み合わせ抽選を終え、記念撮影に臨む三菱重工Westの山口敏弘監督(左)と三菱自動車倉敷オーシャンズの首藤章太監督=東京都千代田区で2021年10月23日、前田梨里子撮影
組み合わせ抽選を終え、記念撮影に臨む三菱重工Westの山口敏弘監督(左)と三菱自動車倉敷オーシャンズの首藤章太監督=東京都千代田区で2021年10月23日、前田梨里子撮影

 11月28日に東京ドームで開幕する第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、東京都千代田区の日本教育会館であり、2年連続9回目出場の倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズの1回戦は、第4日の12月1日第3試合で神戸市・高砂市・三菱重工Westとの対戦が決まった。

 首藤章太(ふみひろ)監督(52)は「オープン戦で戦っている。投手力中心で似たようなチーム。ロースコアの勝負になる」と予測する。16年ぶりに出場した2020年の前回大会は1回戦で前年優勝の千葉市・JFE東日本を破ったが、2回戦で敗退。三菱自動車水島時代の第70回大会(1999年)での4強が最高成績で、首藤監督は「まず二つ勝ち、ベスト8を目指す」と語る。

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文418文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集