特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 開幕 尽誠学園、接戦制し8強 四学大香川西は敗退 /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【尽誠学園-高知中央】八回表尽誠学園1死三塁、仲村が右前に決勝打を放つ=松山市の坊っちゃんスタジアムで2021年10月23日、山口敬人撮影 拡大
【尽誠学園-高知中央】八回表尽誠学園1死三塁、仲村が右前に決勝打を放つ=松山市の坊っちゃんスタジアムで2021年10月23日、山口敬人撮影

 第74回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)が23日開幕し、松山市の坊っちゃんスタジアムと愛媛県今治市営球場で1回戦4試合が行われた。

 尽誠学園(香川2位)は5―4で高知中央(高知3位)との接戦を制し、阿南光(徳島3位)は2―0で西条(愛媛2位)に完封勝ちした。徳島商(徳島2位)は3―1で四学大香川西(香川3位)を振り切り、高知(高知2位)も4―1で済美(愛媛3位)に競り勝った。勝者は24日の準々決勝に進んだ。【山口敬人、中田博維】

 尽誠学園は八回1死三塁から仲村の右前適時打で決勝点をもぎ取った。左の車と右の辻村の投手リレーで相手にリードを許さなかった。高知中央は七回に広瀬の適時打などで3点差を追い付く粘りを見せたが、力尽きた。

 阿南光は八回、四球からの好機で木村、直江が連続適時長短打を放って0-0の均衡を破った。左腕・森山は丁寧な投球で4安打完封。西条は三塁を踏むことができず、粘り強く投げた高橋賢を援護できなかった。

【四学大香川西-徳島商】八回表四学大香川西2死一塁、石崎が右越え二塁打を放ち1点を返す=愛媛県今治市営球場で2021年10月23日午前11時39分、中田博維撮影 拡大
【四学大香川西-徳島商】八回表四学大香川西2死一塁、石崎が右越え二塁打を放ち1点を返す=愛媛県今治市営球場で2021年10月23日午前11時39分、中田博維撮影

 徳島商は二回、敵失と死球で1死一、三塁とし日岡が先制左前打。三回に内野ゴロで、七回は新開の遊撃内野安打でリードを広げた。四学大香川西は八回に石崎の適時二塁打による1点だけ。他は走者を生かせなかった。

 高知は一回に川竹と西野の短長適時打で3点。八回には松本の適時打で貴重な追加点を奪った。済美は七回に上野の適時打で2点差とし、さらに1死満塁と詰め寄ったが、再びマウンドに登った山下に後続を断たれた。

面目保った主将

 ○…笑顔が呼び込んだ殊勲打だった。尽誠学園は八回1死三塁で迎えた仲村の打席。3球目、スクイズのサインだった。低めの球をバントしようとしたがファウルにしてしまい「しまった」と仲村。その時、本塁に突っ込んできた三塁走者の是沢から「笑顔で『切り替えて切り替えて』と声を掛けられた」。直後の4球目を勝ち越しの右前適時打とし、主将の面目を保った仲村は「あれでリラックスできた」と満面の笑みで感謝しきりだった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集