特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

松尾貴史のちょっと違和感

1票の行使 やすやすと放棄しないで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 テレビ朝日が今月中旬に行った世論調査で、今回の衆院選の投票に「必ず行く」と答えた人が59%しかいなかった。「多分行く」と答えた人が27%で、この人たちは行かない可能性が結構高いのだろうと推測する。一応「行くほうがいい」という意識はあるので、追跡調査の心配がなければ、こういう答え方をするものなのだろう。

 前回、2017年の衆院選の時に実施された調査では、まだ68%が「選挙に必ず行く」と答えていた。しかし、実際の投票率は約54%だった。14年の衆院選時の調査では、やはり「必ず行く」が69%、しかし、本当に投票した人は約53%だった。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1665文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集