特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

障害者施策、各党はどう考える? 日本障害者協議会が回答公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
各党の回答が掲載された日本障害者協議会のウェブサイト
各党の回答が掲載された日本障害者協議会のウェブサイト

 31日投開票の衆院選に向け、NPO法人・日本障害者協議会(JD、東京都新宿区)は、主要政党に障害者政策に関する公開質問状を送付し回答をホームページ(http://www.jdnet.gr.jp/)で公開している。旧優生保護法を巡る問題や、障害者の労働政策などについて各党の主張を見ることができ、JDの佐藤久夫理事は「選挙の判断材料に使ってもらえれば」と話している。

 質問は選択式と自由記述の全14項目(複数回答可)。8月末に自民、立憲、公明、共産、維新、国民、れいわ、社民の8党にメールで送付し、9月30日から回答を公開している。

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1065文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集