特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

握手なし、オートコール活用…選挙戦「密」回避にあの手この手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
候補者らの街頭演説に耳を傾ける人たち=東京都内で2021年10月24日午後5時11分、前田梨里子撮影
候補者らの街頭演説に耳を傾ける人たち=東京都内で2021年10月24日午後5時11分、前田梨里子撮影

 新型コロナウイルスの問題が起きてから初の総選挙となる31日投開票の衆院選は、週末に各党の幹部や候補者が街頭で支持を呼びかけるなど選挙戦の熱が高まっている。全国的に感染者が減る傾向が続くものの、街頭演説で多くの人が集まって「密」の状態が生まれることも。各陣営は感染防止と支持の呼びかけを両立させる難しい選挙戦を強いられている。

 24日夜、東京都内の繁華街で与党の候補者とともに元首相が選挙カーの上から「皆さんの力を与えてください」と声を張り上げると、集まった聴衆から拍手やかけ声がわいた。

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1620文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集