敦賀気比が2年連続7回目の優勝 高校野球・秋季北信越大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【星稜-敦賀気比】力投する敦賀気比の先発・上加世田=長野・松本市野球場で2021年10月24日午前10時14分、木村敦彦撮影 拡大
【星稜-敦賀気比】力投する敦賀気比の先発・上加世田=長野・松本市野球場で2021年10月24日午前10時14分、木村敦彦撮影

 高校野球の秋季北信越大会は24日、長野・松本市野球場で決勝があり、敦賀気比(福井)が星稜(石川)を6―0で破り、2年連続7回目の優勝を果たした。地区大会の成績は、第94回選抜高校野球大会(2022年3月18日開幕)の出場校選考の参考資料となる。

敦賀気比・東哲平監督

 今大会に向けて、コロナ下で練習も練習試合も満足にしてこられなかった。しかし、選手たちは少ない練習や実戦を少しでも自分たちの力にしようと吸収していた。その成果だと思う。(先発した)上加世田は連投となったが、粘り強く抑えてくれた。(各地区大会の優勝校で争う)明治神宮大会には、もう一回り成長して挑みたい。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集