松山英樹、5年ぶりの日本Vでのある「発見」 米ツアー7勝目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
12番でショットを放つ松山英樹=千葉・アコーディア習志野CCで2021年10月24日、佐々木順一撮影
12番でショットを放つ松山英樹=千葉・アコーディア習志野CCで2021年10月24日、佐々木順一撮影

 2年ぶりの日本開催となった米男子ゴルフツアー、ZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で最終ラウンドがあり、松山英樹が通算15アンダーで優勝した。松山は今年4月のメジャー、マスターズ・トーナメント以来となる、米ツアー通算7勝目を挙げた。

 「GO!」と松山のひときわ大きな声が響いた。少し間が空き、大観衆のどよめき、そして拍手。パー5の18番、松山の2打目はカップのすぐ横で弾み、ピンまで3メートルにつけた。イーグルパットを沈め、日本開催の大会で実に5年ぶりの歓喜の瞬間を迎えると、両手を力強くつき上げた。

 何かが起こるサンデーバックナイン。10番で一時首位の座を譲ったが、「いいプレーができていない。抜かれることは想定していた」。11番で難しいラインの長いバーディーパットを決め、右拳を握ると息を吹き返す。13、15番もバーディーを奪い、2位に2打差をつけて迎えた18番は2打目のスーパーショットで勝利を確実にした。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文754文字)

あわせて読みたい

ニュース特集