レアンドロダミアンが決勝点 川崎、歴代最多勝ち点84で優勝に弾み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

○川崎1―0清水●(24日・等々力)

 川崎が7連勝。後半開始早々に左クロスをFWレアンドロダミアンが流し込んでゴールを奪った。

 7連勝の首位・川崎はリーグ歴代最多勝ち点記録を塗り替え、優勝に弾みをつけた。

 互いに無得点で迎えた後半の開始早々、川崎はFWマルシーニョが左からクロス。ゴール前にいたFWレアンドロダミアンが落ち着いて流し込み、待望の決勝点を奪った。

 鬼木監督が「勝負の5連戦」と位置づけた9月18日~10月2日の半月間の過密日程を5連勝で終えた。その後、試合がなかった約3週間でMF大島がけがから復帰し、リーグ戦の終盤で主力選手がそろった。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集