特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

県大会 男子、秋田工が9連覇 女子、大曲3年ぶりV 両監督、主将の話 /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

攻めの走りできた 秋田工・高橋正仁監督

 目標タイムには届かなかったが、全体的に良い走りだった。高く設定した目標に向け、全員で攻めることができた。都大路に向けては天候に左右されない強さを身につけていきたい。

切磋琢磨し全国へ 秋田工・野呂衿央(えりお)主将

 「秋田工の強さを見せられるように」と挑んだ。前半から飛び出して2位との差を開くことができて良かった。全国へ向けて今まで以上に切磋琢磨(せっさたくま)して高め合いたい。8位入賞が目標。

選手、役割果たす 大曲・小沢裕子監督

 1区は粘って2区でトップに立つという作戦が的中した。チームのまとまりも良く、走った5人は一人一人の役割を果たしてくれた。走力をもっと磨き、都大路を楽しめるよう準備したい。

全員が100点の走り 大曲・吉川真央主将

 過去2年間悔しい思いをしたが、やっと都大路をつかむことができた。チームの全員が100点満点の走りだった。(優勝した18年の)先輩たちの結果を追い越すことが目標。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集