三重~る経済 企業の省エネ化支援=百五総合研究所・滝川綾菜 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <三重(みえ)~る経済>

 昨年10月、政府は「2050年までに、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言。今年4月には、30年までに二酸化炭素排出量を13年比で46%削減する目標を定めた。

 二酸化炭素の排出を削減するには、まず現在のエネルギー使用量を減らすこと、すなわち「省エネ」が比較的取り組みやすいだろう。しかし、日本商工会議所が16年に実施した「中小企業の地球温暖化対策(省エネ対策等)調査」によると、省エネに取り組めていない企業の多くが「取り組みの具体的な内容・方法の理解が不足」「費用の捻出が困難」なこと…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

あわせて読みたい

ニュース特集