特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 5都府県、きょう時短解除 酒類制限要請も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏4都県と大阪府は25日以降、新型コロナウイルス対策で飲食店に出していた営業時間の短縮、酒類提供制限の要請を解除する。これにより、飲食店に対する制限は全国的にほぼ解消されることになる。東京や大阪の飲食店では、通常営業の再開は約11カ月ぶりとなる。

 酒類提供については、東京都の場合、都が感染対策を徹底していると確認した「認証店」では制限がなくなり、認証がない店でも午後9時までは提供が可能となる。都内約12万店の飲食店のうち約85%は都の認証を取得しており、ほとんどの店が通常営業に戻る。

 都は客の人数について、1テーブル4人までとするよう協力を依頼する。認証店では5人以上の利用も可能としつつ、ワクチン接種証明や陰性証明の提示などを推奨している。25日から11月30日までを「基本的対策徹底期間」とし、期間中の効果を見極め、年末年始の対策を検討する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文658文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集