特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「科学的根拠ある政策を」 第4波で医療崩壊の大阪、現場の切実な声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの重症患者の手当てをする近畿大病院の看護師=大阪狭山市の同病院で2021年4月(近畿大病院提供)
新型コロナウイルスの重症患者の手当てをする近畿大病院の看護師=大阪狭山市の同病院で2021年4月(近畿大病院提供)

 今春の新型コロナウイルスの第4波で重症患者が病床数を上回り「医療崩壊」に陥った大阪。8~9月の第5波でも重症者が急増し、大学病院など医療機関は対応に追われた。第6波の到来が懸念され、衆院選で各政党が新型コロナ対策を打ち出す中、医師や看護師ら現場からは「緊急事態宣言中に五輪を開催するなど政治的思惑を優先せず、今度こそ科学的根拠に基づいた政策を進めてほしい」と厳しい声も上がる。

 2020年春から重症患者を受け入れるコロナ病床を設置した近畿大病院(大阪狭山市)。当初10床だったが、第4波で患者数が急増した今年4月に15床まで増やした。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1397文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集