特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「成長への改革」岸田首相が大阪で連呼 街頭演説、維新を意識

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相(自民党総裁)は25日、大阪府寝屋川市での街頭演説で「経済成長のための改革をしっかりと進めていく」と述べ、改革の必要性を訴えた。首相はこれまで大阪以外で、改革に触れることはほとんどなかった。大阪に強い支持基盤を持つ日本維新の会が、「規制改革」などを前面に打ち出したことを意識したとみられる。

 首相は大阪市での演説でも「経済を成長させる。さまざまな改革を進めなければならない」と主張。23日までの広島や愛知、福岡などでの遊説では、自民党役員の任期制導入など「党改革」を訴えるだけだった。大阪入りした24日から、経済成長の方策を説明する中で「改革」を連呼している。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文645文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集