公安庁、アレフへの再発防止処分請求 資産報告怠る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公安調査庁などが入る中央合同庁舎=本橋和夫撮影
公安調査庁などが入る中央合同庁舎=本橋和夫撮影

 団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分で義務付けられた資産などの報告を怠ったとして、公安調査庁の和田雅樹長官は25日、後継団体「アレフ」に対する同法の再発防止処分を公安審査委員会に請求した。公安庁は、アレフが資産隠しを行っているとみており、公安審が請求を認めればアレフは6カ月間、活動が事実上で…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

あわせて読みたい

ニュース特集