大阪がNYに? 巨大ウォールアート「淀壁」 道行く人楽しませ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡本太郎の意思を継ぎ、新たな表現に挑戦していきたいと制作するDOPPEL(BAKIBAKIさんとMONさんのユニット)。作品は淀川堤防沿いに描かれ、新御堂筋や大阪メトロからも見ることができる=大阪市淀川区で2021年10月5日、北村隆夫撮影
岡本太郎の意思を継ぎ、新たな表現に挑戦していきたいと制作するDOPPEL(BAKIBAKIさんとMONさんのユニット)。作品は淀川堤防沿いに描かれ、新御堂筋や大阪メトロからも見ることができる=大阪市淀川区で2021年10月5日、北村隆夫撮影

 淀川エリアを壁画のある街に――。国内外で活躍する5組のアーティストが、大阪市淀川区で巨大な壁画を描くプロジェクト「淀壁」がこのほど完了した。バリエーション豊かなウォールアートが街を彩り、道行く人を楽しませている。

 同区を拠点に活躍するアーティストBAKIBAKIさん(42)が発起人となり、壁画の制作会社「WALL SHARE」(北区、川添孝信代表)と共に企画した。

 3月、淀壁の前身のプロジェクトとして、淀川区の協賛を得て、BAKIBAKIさんが区役所に隣接するビルの壁面にナイチンゲールを描いた。新型コロナウイルス対応にあたる医療従事者への敬意を表す取り組みだ。この壁画が評判となり、新たな壁の提供者が現れた。資金調達のためクラウドファンディングを実施したところ、目標額80万円に対して7倍近くの約570万円が集まった。区内の企業からも塗料の提供を受け、5組のア…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文630文字)

あわせて読みたい

ニュース特集