特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

第6波防止、飲食店での注意点 混雑は?換気は?「より敏感に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飲食店への営業時間短縮要請が解除され、繁華街を歩く人たち=東京都港区で2021年10月25日午後7時25分、小川昌宏撮影
飲食店への営業時間短縮要請が解除され、繁華街を歩く人たち=東京都港区で2021年10月25日午後7時25分、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスの感染者数の減少で、飲食店の営業時間短縮要請が解除された。専門家は解除には一定の理解を示すが、リバウンド(感染再拡大)を防ぐため正しい感染対策の徹底を呼びかけている。

マスク外し大騒ぎ「拡大きっかけに」

 「東京都でも新規感染者が2桁台にまで減っている。時短営業などを要請する根拠はない」。感染症に詳しい国際医療福祉大の松本哲哉教授はこう分析する。東京の24日までの7日間平均は31人。すぐにリバウンドする可能性は低いとみるが、「解除に伴いマスクを外して大騒ぎなどすれば感染拡大のきっかけになりかねない」と述べ、次の第6波の到来を懸念する。

 世界保健機関(WHO)は、新型コロナは空気中に浮遊するウイルスを含んだ微粒子「エアロゾル」を吸い込むことが主な感染経路と指摘する。そこで感染対策として専門家が重視するのが換気だ。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1210文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集