特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

特集ワイド

政と官の関係は--元文科官僚が斬る 前川喜平氏、岸田内閣は党高政低/寺脇研氏、三権分立の意識低い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
座談会に臨む前川喜平元文部科学事務次官=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2021年10月19日、手塚耕一郎撮影
座談会に臨む前川喜平元文部科学事務次官=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2021年10月19日、手塚耕一郎撮影

 岸田文雄首相は今回の衆院選を「未来選択選挙」と銘打ち、最大の争点は新型コロナウイルス対策だと主張している。これに対し、「政治と官僚の関係をどうするか、それこそが争点だ」と異を唱えるのが元文部科学次官、前川喜平さん(66)と、同省出身で教育、文化行政に詳しい寺脇研さん(69)である。31日の投開票日を前に、毎日新聞の与良正男専門編集委員が2人を直撃した。【構成・浜中慎哉、写真・手塚耕一郎】

 ――いきなり総選挙に臨む岸田政権ですが、これまでのところ、どう評価していますか。

 前川 1998年、就任当初の小渕恵三首相が海外から「冷めたピザ」とやゆされましたが、岸田首相も、例えるなら「冷めたお好み焼き」みたいな印象です。あまり味がしないというかね。結局、自民党内の力関係の中で生まれた政権なので、安倍晋三元首相や麻生太郎自民党副総裁に逆らうことはできないでしょう。つまり、真の権力が政府から党に移った。岸田首相は「政高党高を目指す」とおっしゃるけど、現状では「党高政低」になると思います。もし衆院選後も岸田政権が続く場合、教育行政でいえば、例えば党からの「教育勅語を学校で教えろ」みたいな戦前教育的な圧力を政府が止められない、というような事態が起きる可能性もあります。

 寺脇 安倍政権、菅義偉政権と、官邸が人事権を盾に霞が関の役人ににらみをきかせる時代が続きました。役人は官邸の顔色を見ながら動くようになり、日本の官僚システムはほとんど崩壊状態です。…

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文3036文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集