眞子さん結婚 秋篠宮さま苦渋の決断 国民と皇室の絆問う契機に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見が終わり、あいさつする小室圭さんと眞子さん=東京都千代田区で2021年10月26日(代表撮影)
記者会見が終わり、あいさつする小室圭さんと眞子さん=東京都千代田区で2021年10月26日(代表撮影)

 2020年11月の誕生日記者会見で、秋篠宮さまは、長女眞子さんの結婚についてこう述べられた。「結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」

 じつは秋篠宮さまは、17年5月に眞子さんの婚約内定が報道された直後から、幾度となくこの考えを周囲に語っていた。二人の意思である以上、結婚はだめだとは言えない。その姿勢を終始貫いた。

 しかし、道のりは平たんではなかった。同年9月に二人の婚約内定会見が行われ、結婚に向けて順調に進むかに見えたが、小室圭さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルが発覚し、事態は暗転した。18年2月には宮内庁が結婚延期を発表した。

 秋篠宮さまは、同年11月の誕生日会見でこう発言した。…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文988文字)

あわせて読みたい

注目の特集