「腹くくって いったれぃ!」 ヤクルトを優勝へ鼓舞した謎の紙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【DeNA-ヤクルト】リーグ優勝し選手たちに胴上げされるヤクルトの高津臣吾監督=横浜スタジアムで2021年10月26日、梅村直承撮影
【DeNA-ヤクルト】リーグ優勝し選手たちに胴上げされるヤクルトの高津臣吾監督=横浜スタジアムで2021年10月26日、梅村直承撮影

 プロ野球セ・リーグは26日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた東京ヤクルトスワローズが6年ぶり8回目のリーグ制覇を決めた。DeNAに勝利し、2位・阪神が中日に敗れた。前年最下位チームの優勝は前回2015年に2年連続最下位から頂点に立ったヤクルト以来で6回目。

高津監督「よく踏ん張った」と選手を称賛

 力を合わせて、それぞれの役目を果たす。高津監督が現役時代、日本一になった2001年もそうだった。あれから20年。ベンチでどっしり構え、采配を振った指揮官は「阪神の勝敗は気になったけれど、その前に今年を象徴する良い打線のつなぎと良い投手のつなぎ、良い形で今日(の試合)を取れたのが良かった」と笑みを浮かべた。

 前日まで14試合連続安打と好調のサンタナと6番の中村が流れを作った。同点の三回、塩見、青木の連打に村上のしぶとい右前打で1死満塁。サンタナは右中間へ、続く中村も左中間へともに2点適時二塁打を放った。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文833文字)

あわせて読みたい

ニュース特集