少しの心遣いで共生へ 障害者への接し方学ぶ 丸亀で研修会 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
白杖(はくじょう)を持った視覚障害者への接し方を説明する田中さん(左)と日本財団スタッフ=香川県丸亀市保健福祉センターで、川原聖史撮影
白杖(はくじょう)を持った視覚障害者への接し方を説明する田中さん(左)と日本財団スタッフ=香川県丸亀市保健福祉センターで、川原聖史撮影

 丸亀市人権・同和教育研究協議会は26日、市保健福祉センター(同市大手町)で元アーチェリー選手で視覚障害がある田中利樹さん(31)を講師に招き、障害者への接し方を伝える研修会を開いた。

 田中さんは日本財団パラリンピックサポートセンター(東京)から派遣された。講習会には丸亀市内の住民ら25人が参加し、田中さんから視覚や聴覚の障害者や車椅子…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集