特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

水説

比例順位と元首相=古賀攻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 <sui-setsu>

 自民党前職の小松裕(ゆたか)さん(59)は珍しい記録の保持者になった。比例代表選出の衆院議員が9月28日に辞職し、党の名簿で次々点の小松さんが解散直前の10月5日に玉突きで議席を得たからだ。

 在職期間は10日。1893年の最短9日間に次ぐ記録だという。

 こんな不思議な現象を生む衆院の比例代表は、名簿の順位が選挙のすべてである。参院とは違い、投票するのは政党名だけ(拘束名簿式)だから、小選挙区と重複立候補しない比例単独候補の場合、名簿順位で運命が決まる。

 特に自民党では順位をめぐって数々の権謀術数が繰り広げられてきた。今回も例外ではない。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1043文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集