特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「支援、待遇改善を」 日本で働く選挙権なき在日外国人の訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熱心に授業を受ける生徒たち=滋賀県愛荘町長野のブラジル人学校「サンタナ学園」で2021年10月12日午後1時39分、桐野耕一撮影
熱心に授業を受ける生徒たち=滋賀県愛荘町長野のブラジル人学校「サンタナ学園」で2021年10月12日午後1時39分、桐野耕一撮影

 31日に投開票される衆院選。各地で繰り広げられる舌戦の行方を見守るのは日本人だけではない。日本で働き、地域社会に溶け込んで暮らす在日外国人や技能実習生らも新型コロナウイルスで大きな影響を受け、さまざまな国の政策・制度の下で生活を営む。選挙権はないが「日本で暮らす私たちを支えてくれる候補者や政党が当選してほしい」と熱い視線を送る。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1486文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集