「アベノマスク」など8200万枚が倉庫に 保管費用は6億円

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国が全世帯に配布した布マスク=大阪市北区で2020年9月27日午後3時45分、服部陽撮影
国が全世帯に配布した布マスク=大阪市北区で2020年9月27日午後3時45分、服部陽撮影

 新型コロナウイルス対策として国が福祉施設や全世帯に配布した、通称「アベノマスク」を含む布マスクについて会計検査院が調査したところ、調達した全体の3割近い約8200万枚(約115億円相当)が、今年3月時点で配布されずに倉庫に保管されていたことが、関係者への取材で判明した。3月までの保管費用は約6億円に上るという。

 政府は2020年春以降、介護施設や障害者施設、児童施設の職員や利用者、妊婦向けに、計約1億5000万枚のマスクを調達。4月から約2000万枚、6月から約4000万枚を配布した。約8000万枚も一斉配布する予定だったが、マスクの流通量が増えたことなどから7月、一律の配布から、希望する施設への配布に切り替え、備蓄に回した。これとは別に、全国の全世帯に「アベノマスク」約1億3000万枚を配布した。計約…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文954文字)

あわせて読みたい

ニュース特集