特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

「夏秋連覇」日本生命・十河監督退任 緻密采配の裏にあったもの

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
攻撃方法を細かく説明する十河章浩監督(左端)と、指示を聞く選手たち=大阪府吹田市の千里山総合グラウンドで2016年10月、来住哲司撮影
攻撃方法を細かく説明する十河章浩監督(左端)と、指示を聞く選手たち=大阪府吹田市の千里山総合グラウンドで2016年10月、来住哲司撮影

 社会人野球の名門・日本生命で8年にわたり指揮を執った十河(とおごう)章浩監督がユニホームを脱ぐ。チームの都市対抗出場は最多61回を数えるが、2018年に続いて今季も本大会出場を逃す結果となり、ヘッドコーチとして指揮官を支えた梶田茂生氏に道を譲った。

 十河監督は就任2年目の15年、いきなり都市対抗と日本選手権の「夏秋連覇」を達成した。就任後にチームに導入したのがメンタルトレーニングだ。充実した戦力を誇りながら、就任1年目の都市対抗では初戦で2安打零封負け。選手らが大事な場面で萎縮し、普段の力を出せなかった。

 名門の看板や選手らの強い責任感がマイナスに作用…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文837文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集